新型コロナウイルスに関する当事務所の対策について

社会全体が見えない敵と戦う体制をしっかりと整備する方向を向いている現在、私たちも法人としての社会的責任を全うすることの重要性を強く感じています。
当事務所では、新型コロナウイルス感染拡大の抑制および予防のため、以下の対策を行っております。
お客様にはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご理解のうえ、ご協力いただければと存じます。

【電話代行サービスの導入】(5月16日より新たに実施)

スタッフ全員がテレワーク可能な環境を構築するため、電話代行サービスを導入しました。
いただいたお電話の一次対応は代行業者が行い、その後速やかに事務所担当者から折り返しお電話いたします。
ご不便、ご迷惑をおかけする場合もあるかと思いますが、ご理解・ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

【テレワークの実施】

政府の指針に従い、各オフィス出勤率を平時の30%を目指しています。
最終的には、スタッフ全員がテレワークできることを目指します。

【時差出勤の実施】

東京中央オフィスでは8:00~17:00、10:00~19:00の2パターン、
立川オフィスでは通常の9:00~18:00に加え、上記2パターンで実施しています。
(立川では立地の都合上、通常出勤の方が電車が空いている場合もあるためです。)

【入口扉の開け放し】

東京中央オフィスでは、開閉のたびにドアノブに触れることを防ぐため、営業時間中はオフィス入口の扉を開け放しております。

【他部署入室の禁止】

立川オフィスでは部署ごとに異なる執務室を使用していますが、接触を防ぐため、執務室間の移動を禁止しています。連絡が必要な際は、社内チャットや内線電話を使用しています。

【換気】

常に窓を開けて換気を行っています。

【オフィス執務中のマスク着用】

スタッフには、オフィスでの執務中マスクの着用を義務付けています。

【臨時休業の実施】

4/30、5/1はオフィスを閉鎖し、休業といたします。
GW中の人の動きが読めない中でスタッフの安全を確保し、かつ大型連休を利用して長期間の外出自粛を実現します。