賃料滞納、不動産明渡請求

滞納賃料の回収

賃料滞納でお悩みのオーナー様は数多くいらっしゃいますが、賃料の回収には様々な手段があり、経験がないとなかなか難しいのが現実です。滞納賃料・地代の回収について
実際、時間と労力ばかりかけた結果、空振りに終わりどうしようもなくなって当事務所へご相談に見える方も多くいらっしゃいます。
もっとも、ご相談に見えた時には、借主の方との関係がこじれて裁判によらなければ回収できないような状況になっていたり、借主の方の経済状況がさらに悪化して回収が極めて困難になっていることが多いのもまた事実です。
滞納賃料の回収は早期着手が肝心です。

不動産の明け渡し請求

残念ですが、賃料の滞納をする借主の方は、経済状況がひっ迫しているために今後の支払いの見通しが立たないことが多い、というのが現実です。
なので、私どもで関与する場合、滞納分の回収と同時に、できるだけ早く出ていっていただく方向性をとることをアドバイスしています。
もちろん、オーナー様の意向を最優先としますが、借主の方としても、現在の身の丈に合った場所へ移るのが、長い目で見て最良の選択である場合が多いと思われます。

月々100件の実績

当法人では、大手の不動産管理会社と提携し、賃料滞納による不動産明渡請求訴訟を全国規模で月々100件程度受託しています。
よりサービスを充実させるために、専用のRPAシステムを開発し、業務効率のアップに取り組んでいます。
当然ながら、賃料を払えない方にも色々と事情がありますが、賃料を払ってもらえないと賃貸経営が行き詰まり、これが多くなれば、オーナー様はもちろん、社会に対する影響も大きなものになってくるでしょう。
私たちは、不動産賃貸という社会になくてはならないサービス・インフラの守り人であるとの自覚をもって、日々業務に取り組んでいます。